変化の大きい転職もあればちょっとした変化であっても慣れるのが大変な転職というのもあるかもしれません。

きちんと退職しよう〜転職への段取り〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

転職前との変化

地道に転職を行っていこうと考えている人もいらっしゃるかもしれません。
そのような場合は、少し時間をかけて少しずつ転職のためのステップを踏む必要があるかもしれません。
転職をすることによって自分では思わなかったような障害が立ちはだかっているように思えることもあるかもしれません。
例えば、工場などで働いていた人が、機会がある時に転職して、転職先はテレアポインター関係の仕事だったとします。
そうすると、今までお客さんからのクレームなどを受けたことがないということに加えて、少し気分を損ねているようなお客様に対して電話でどのように対応したら良いのかということについて、最初に受けた研修の内容をあてはめることに困難を感じることもあるでしょう。
最初のうちはそういったクレームの電話などを受けて身が震えることもあるのではないでしょうか。
見ず知らずの人に、自分が理由ではないというのにクレームを言われて、誤ったり解決策を提示したりするというのは大変難しくストレスを感じやすい職業への転職となってしまうかもしれません。
それでも、転職をすることで自分探しが可能になる場合もあるでしょう。
お昼休みに何を食べるかということで、近くにパン屋さんなどがあれば良いのですが、毎日外職は経済的に難しいという人であれば、ほとんど毎日家からお弁当を持参することになるかもしれません。
今までの職場はまかない付きだったという人であれば、転職先の職場においてまかないがないというのはちょっとした変化になることもあるのではないでしょうか。
仕事の内容とは直接関係があるわけではなくても、やはり食事というのは健康面でも影響があるのでよく考える必要があるといえるでしょう。
職場での勤務時間が今まで以上に長くなる場合にはその職場は大変に思えるかもしれませんし、逆に転職先の勤務時間が短い時には物足りなさを感じることもあるでしょう。
転職というのは、ちょっとした変化に慣れるのも大変なことがあるものですが、それを乗り越える決意で挑むようにしましょう。
転職を考える時に転職先で人間関係のトラブルがあったりしないかが気になることもあるでしょう。
それで、転職を考えている時には、何か問題が起こったような時に、この職場では誰に報告すれば良いのかといった点も考えておくようにしてみてはいかがでしょうか。
転職先の職場においては、以前のように人間関係がスムーズにいくわけではないかもしれません。