高い目標があるゆえに転職する場合であっても自分の引き継ぎのための教育を施しましょう。

きちんと退職しよう〜転職への段取り〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

引き継ぎノートを作る

良い転職をするためにも、目指すところは円満退職だという人も少なくないのではないでしょうか。
つまり、今の職場を辞める時もみんなに祝福してもらいながらの退職というような形が理想的なのではないでしょうか。
これから新たに技術を取得するために、例えば看護師の仕事をしている人であれば、転職先の病院ではワンランク上の技術の習得を目指すといった気持ちで転職になることもあるでしょう。
転職先の病院ではそういった新しい技術を取得するための研修などの教育設備が整っている場合もあるかもしれません。
看護師の資格をすでに取得しているのでそれ以上レベルアップすることまでは考えないという人もいれば、日々何か新しい技術を習得して、どんな病院でも勤務できるような看護師になりたいという気持ちを持っている人もいらっしゃることでしょう。
そうやって上を目指す場合には、退職する場合にも逆に同僚や上司たちから励まされながらの退職となるかもしれません。
しかし、退職の手続きというのは早めに行うようにすることが大切だと言えます。
なぜならば、円満退職のためには、今まで自分がついていたポストに入ってくる新人さんの教育は、しばらくの間自分が引き受けることになるかもしれないからです。
できれば、引き継ぎのノートのようなものを作成して、次に自分のポストに入ることになる人が、自分がいなくなってからも作業を滞りなく行うことができるように配慮することができるかもしれません。
就業規則に関してはすでに公になっているかもしれませんが、個人的な作業内容については、オリジナルのマニュアルを作成してみると、自分でも自分がしていた作業内容を振り返ってみることができるので、助けになることでしょう。
そういった新人さんの教育期間ということも考えて、少なくとも転職したいと思っている期日の一ヶ月前くらいには辞意を正式に表明するようにしてみてはいかがでしょうか。
退職に関する相談はかねてより上司とくり返し行ってきたという場合でも、正式に辞意を表明したかどうかについて確認するようにしましょう。
きりの良い時期はいつごろになるかについて上司とよく相談する必要があるかもしれません。
知名度の高い病院へと転職することになれば、期待と不安が入り混じったような感情を経験することになるかもしれません。
今までの職場の関係者には事情をよく説明して転職という決定を理解してもらうようにしましょう。